ギター工房でエンドピンがついていないアコギにピエゾピックアップ装着加工

どうも山崎レモンサワーです。

今日はアコギのエレアコ化、ピックアップ装着について話します。

今日は、住居(沼袋)最寄りのギター工房、クレッシェンドギターさんに、ピックアップ装着の依頼をしてきました。

アコギにはエレアコと普通のアコギがありますが、この普通のアコギにアンプをつなぎたい場合、ピックアップの装着が必要になります。

ピックアップの種類
・マグネティックタイプのピックアップ
・ピエゾピックアップ
・デュアルタイプ

あとはマイクで音を拾うという手段もあります。

アコギによってはアンプにつなぐ用のエンドピンがもともとついているアコギもありますが、
自分のアコギ(モーリス製)にはアンプに装着するプラグを挿すエンドピンがありません。

これだとストラップをつけて立って演奏することもできないので、ピックアップはエンドピンをつけてピエゾタイプのピックアップを装着することになりました。

ちなみにマグネティックタイプはギターに穴をあけるような加工は必要ありませんが、アコギ特有の音が、エレキっぽい音になります。

その点、ピエゾピックアップは生音に近い音を単純に増幅してくれます。

自分はせっかくのアコギの生音をあまり加工したくなかったのもあり、ピエゾピックアップを採用しました。

さらにピエゾピックアップといっても、さまざまなメーカーのピックアップが存在しているので正直どれを選んでいいかわかりません。

自分は工房のプロフェッショナルのアドバイスを参考に「ハートランダー」のものを選びました。

価格・・・3万4千円!!高い!

ストラップピンと加工費と合わせて5万円なり・・

うーん、音楽ってお金かかりますね。

まぁ、なんとなくこの部分はこだわるべきところだろうというのがあって、奮発しました。

ライブハウスで演奏するのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です