ギターのアドリブにチャレンジ、まったく知らない人は何からはじめればいい?

最近、よくばってギターに加え、ピアノも初めてしまった山崎レモンサワーです。

今日はギターのアドリブをやってみたいけど、何からはじめたら良いものやらというギター初心者を対象に、アドリブ練習の道筋を紹介していきます。

まずはマイナーペンタトニック

マイナーペンタトニックってなんぞや?って方でも大丈夫。

とりあえず、指板上に、押す場所のパターンがあって、そこを押して弾くだけ、もうそれだけ思っておけばいいです。

これが不思議な事に、そのパターンの箇所を適当に弾くだけでアドリブとして成立するのです。

厳密にはキーによって場所が変わったり、マイナーペンタトニックスケール以外にも山ほどパターン(スケール)があるんですが、そんな事は、長い事続けていたら、覚えられるかもしれませんし、そもそも必要ないかもしれません。

とりあえず、入りでそんなものかでやってみて、楽しければいいんです。

ペンタトニックのスケール練習は毎日やって、とりあえず指が動くように、きちんと鳴らせるようにしておくと、絶対に無駄にはなりません。

その曲のキーを知ろう

曲を聴いただけで、その曲のキーを知ったり、コード進行がわかったり、なんてのはプロならできるんでしょうが、別にわかる必要はありません。(いや、そりゃわかった方が全然いいですが)

とりあえず、譜面見たり、ネットで調べればキーくらいはすぐわかります。

アドリブはこのキーの音階を鳴らすのが一番「落ち着く」というのを覚えておきましょう。

とりあえず、好きな曲をYoutubeでもCDでもいいので流しつつ、そのキーとおなじ音階、ペンタトニックスケールで弾ける音を適当にポロポロやってみましょう。

もう、最初はそんなんでいいんです。

こんなのでカッコいいアドリブ弾けるようになるのかと思って、続けないのが一番よくないです。

適当に遊ぶ、わからなくても、間違っても関係ない、とりあえずやってみる。

引き出し(パターン)を増やす

このアドリブ、上手い人は超絶、いろんなテクニックを繰り出しため息が出るほど格好いいですが、実は少ない音だけでもリズムの取り方を変えるだけで、無限のパターンが表現できます。
この音の「引き算」ができる人が意外に少ないんです。

音の「引き算」、めちゃめちゃ重要です。

正直4音くらいにしぼり、リズムと繰り返しのパターンを変えて、キーの音階で終わりにするというルールだけ守れば、それだけでめちゃめちゃ格好よくなります。

アドリブの教本や音楽理論の本を見ると、結構難易度が高く、初心者的には何のことやらチンプンカンプン
そんな本がほとんどです。

これで嫌になって、ギターから遠ざかるみたいなのだけは避けなければ。

簡単に書いてない本がわるいんです。
あなたは何も悪くなーい。

できなくたってやってみる、続けてみる。

続けて続けて・・・ある日、あれ?
気持ちいい

そんな瞬間が訪れるはずです。

拙くたっていいんです。楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です